FC2ブログ
        

スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

ベビービョルンの抱っこ紐、エルゴとの違い

2016/ 12/ 12
                 
乳児のための抱っこ紐について。
我が家の長男、初めて外出したのは生後2か月過ぎてからだったでしょうか。
第一子ということもあり、子どもを外に連れ出すことについては夫婦でかなり慎重でした。
その頃使用していた抱っこ紐は「エルゴ」製品。
新生児用のインサートに赤ちゃんをくるんだ状態で抱っこ紐の中に入れます。
まだ首が座ってない時だったので、赤ちゃんの首を支えながら歩いていました。

2年後次男が誕生し、同じように次男を「エルゴ+インサート」装着で出かけようとすると…
子ども2人分の荷物を持ち、長男もケアしつつ、赤ちゃんの首を支えながら歩くのは、かなり無理がありました…
腕が足りません…

そこでネットで見つけた「ベビービョルン」の新生児用の抱っこ紐を使ってみました。
装着も簡単で、インサートなしでも使用でき、赤ちゃんの首を支える必要もない。
まさに探していた商品でした。
これで長男と一緒に買い物、リトミック、病院へとストレスなく行くことができて、とても重宝しました。

ただ「エルゴ」は肩と腰にベルトを掛けられるのに対して、「ベビービョルン」は肩だけで支えなければいけない構造で、
大きい赤ちゃんだと肩だけに体重が乗っかってきて、少々つらいです。
でも、新生児のうちはまだ体重も軽いし、本当に助かります。
同じお悩みをお持ちの方は是非チェックしてみてください。
↓ ↓ ↓
★ 送料無料 ★ ベビービョルン 抱っこひも ベビーキャリア オリジナル コットン 抱っこ紐 【RCP】
                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。