スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

世界情勢

2017/ 01/ 07
                 
イタリアの総選挙はいつになるのでしょうか?気になります。
オランダとどちらが先になってもおかしくないほどの状況ですね。

イタリアの新しい選挙法では、得票数で第一党になれば政権が取れるということから、五つ星運動が政権を取る可能性は排除できませんね。
もしそうなれば、8000億円以上もの血税による救済が決まっているモンテパスキへの公的資金投入は見送られ、銀行破綻懸念による取り付け騒ぎへ発展する可能性もなくはない。
ポピュリズム政権の誕生が、即座に株式市場、為替市場に影響するものではないと言われているが、イタリアのように銀行救済の取りやめにまで及ぶならば、市場への悪影響は避けられないだろう。

ここまで株価は順調に推移しているが、今後はどうなっていくのか?
日本にとってはトランプ・フリンのほうがオバマ・ライスよりはるかに相性が良い。
しかも米国共和党は圧倒的に親台派議員や台湾二世議員が多いので、日本にとってはかなり有利に展開するはずだ。
南シナ海問題に関しても、米国が強いプレゼンスを示してくれることをアジア各国は期待している。
米国が親ロ政権になることは間違いないだろうから、日本としては日露問題を経済援助によって改善させる道を探りたい。

いずれにしても、トランプの政治手腕が未知数なので、いくつかのシナリオを持って、慎重な投資姿勢で臨みたい。



                         
                                  

コメント

        

        
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。